理事長ご挨拶

理事長ご挨拶

私は、歯を大切にすることは「あなた自身を大切にする」ことと同じだと考えています。

一人一人が、一生自分の歯で咬んでいける、それが大きな健康のみなもととなり、個人はもちろんのこと社会全体が幸福につつまれることを願って日々診療をしております。 近年かみ合わせというものが、人間の全身の健康に極めて重要であり、深く関わりがあることが分かってまいりました。バランスよく「咬むこと」は全身の健康に繋がる大切な動作である反面、咬み合わせがずれると、体のあちこちに不調があらわれてまいります。 当医院では歯科治療を行う上で、歯の健康のみならず身体全体の健康を考慮した歯科医療を施すことにより、国民の全身健康の向上と健康長寿の獲得を願って、日々の診療を実践しております。

■略歴

1979年 茨城県立下妻第一高等学校卒
1985年 城西歯科大学 歯学部卒
(現明海大学歯学部)
1985年 当時医局員数400人を越える、個人病院としては日本最大級の規模を誇ると言われた、医療法人社団弘進会宮田歯科医院に入社。その後同法人第一診療所院長。池袋診療所、顧問をへて
1995年 東京都世田谷区に伊東歯科医院開設
また、診療のかたわら、高校・大学でのラグビー経験を生かし、安全のためのスポーツマウスガードの普及や、兵庫県医師会認定AED(自動体外式除細動器)インストラクターとして、救急車到着までの救急救命の大切さを、あなたは愛する人の命を救えますか?の合い言葉のもと、命の教育の輪を広めています。
2008年 在宅療養支援歯科診療所に指定
2009年 世田谷区介護認定審査委員
2011年 医療法人社団 幸進会 伊東歯科医院へ法人化 理事長
2012年 日本咬合学会 東日本部会 東京支部 支部長
2014年 日本咬合学会 会長(~15年)
2015年 昭和大学歯学部客員講師
2016年 東京都玉川歯科医師会 渉外広報委員会・健口啓発委員会担当理事
2017年 日本咬合学会 会長

■資格

■論文・学会発表

主な学術論文・学会発表を紹介します。

■学会発表

  • 第22回 特定非営利活動法人 日本咬合学会学術大会、石垣、2017
    『丸山咬合医療における口腔と三叉神経・脳との関連性について』
  • 第18回 特定非営利活動法人 日本咬合学会学術大会、札幌、2013
    『口腔と三叉神経・脳との関連性について』
  • 第17回 特定非営利活動法人 日本咬合学会学術大会、東京、2012
    『丸山咬合医療から考える体の不調』
  • I.E.P.O. スタディーグループ 例会、東京、2011
    『CO2レーザーの臨床応用』
  • 第47回I.E.P.O. ケースプレゼンテーション大会、東京、2010
    『先入観をもって診ることの恐さを知った1症例』

■論文

    • 日本咬合学会雑誌 2014.3 vol.13
      『丸山咬合医学から考察する体の不調―血管系と末梢神経系について―』
    • 日本咬合学会雑誌 2007.9 vol.7
      『丸山咬合医学における咬合と三叉神経・脳との関連性』

学会発表等の詳細はこちら

■所属学会・その他

■所属団体

PAGE TOP