抜歯

抜歯

伊東歯科医院では、なるべく歯を抜かない治療を心がけています。しかし、どうしても抜歯をしなければならないことがあります。それは、どのような時なのか、以下でご説明します。

親知らず

「親知らず=抜く」ものではありません。伊東歯科医院では、親知らずはなるべく抜かないということを前提としていますが、患者様によっては、親知らずを抜いた方がいい場合もあります。以下を参考にして下さい。

親知らずを抜いた方がいいケース

・親知らずの虫歯が大きくなって神経を取るような場合
・腫れと痛みが何度も繰り返されている場合
・親知らずが、咬み合わせに大きく影響を与えている場合
・親知らずまで歯ブラシが届かず上手く磨けない場合

親知らずを抜かなくてもいいケース

・完全に深い位置に埋まっていて、腫れ・痛みが無い場合
・他の歯と同様に、正常な位置でまっすぐ生えている場合
・親知らずの汚れを十分に管理できる場合
・将来的に、移植やブリッジの土台としての利用が期待できる場合

むし歯が進行してしまっている歯

むし歯は、進行すると歯の内部や根っこまで破壊されてしまいます。患部を取り除くしか治療法はありませんが、それでも解決しない場合やすでに歯の大部分が失われているケースでは抜歯をすることになります。

歯の根っこの先に膿が溜まっている歯

根の先に膿が重度で多く溜まってしまっている場合は、周りの骨も溶かしてしまいます。そうならないように抜歯することになります。

重度の歯周病の歯

重度の歯周病によって歯を支える組織(歯ぐきや顎の骨など)は失われ、歯が抜け落ちてしまいます。歯周病の悪影響を広げないために抜歯することになります。

根が割れている歯

歯の根っこまで大きく割れたり欠けたりしている場合、放置していると細菌感染が骨にまで広がってしまいます。そこから虫歯や歯周病といった病気が広がる可能性が考えられるケースは抜歯となります。

咬み合わせが悪く、トラブルの原因となっている歯

咬み合わせが悪く矯正治療などでも解決できないような場合、周辺の歯や歯周組織に悪影響を及ぼし、抜歯したほうが口の中の環境が良くなると考えられる場合は抜歯することがあります。

※抜歯と聞くと、痛い・怖いというイメージがあると思いますが、歯を抜くときは麻酔をするので痛みはほとんどありません。抜歯と言っても、その方法や適応は様々です。まずは、一度ご相談ください。

PAGE TOP