いびき・睡眠時無呼吸症候群(SAS)

いびき・睡眠時無呼吸症候群(SAS)

睡眠時無呼吸症候群(SAS)

眠っている間に呼吸が止まる病気です。
医学的には、10秒以上の気流停止(気道の空気の流れが止まった状態)を無呼吸とし、無呼吸が一晩(7時間の睡眠中)に30回以上、もしくは睡眠1時間あたり5回以上となれば、睡眠時無呼吸症候群です。
この病気が深刻なのは、寝ている間に生じる無呼吸が、日中の私たちの活動に様々な影響を及ぼすことです。気付かないうちに日常生活に様々なリスクが生じる可能性があるのです。

いびき

いびきはとても身近な症状のため、「たかがいびき」と軽く思われがちですが、いびきで悩まれている方は意外に多いようです。いびきの原因は様々で、慢性的ないびきのために熟睡できなければ日常生活にも支障が出てしまいますし、睡眠時無呼吸症候群の恐れもあります。まずはいびきの原因について知り、自分にあった改善方法を見つけましょう。

◆睡眠時無呼吸症候群の主な症状

以下の症状に思いあたる方は、睡眠時無呼吸症候群の可能性があります。

□いびきがひどい
□睡眠中、呼吸が止まっていると言われたことがある
□夜中に何度も目が覚める、トイレに行く回数が多い
□睡眠中歯ぎしりをする、寝汗が多い
□目覚めが悪い、すっきり起きられない
□起床時、口が渇いている
□起床時、頭痛がする
□日中に眠気やだるさを感じる

◆睡眠時無呼吸症候群の主な原因

睡眠時無呼吸症候群の主な原因としては、以下の5つが挙げられます。

【肥満】
特に首周りに脂肪がついていると、気道が圧迫されて狭くなります。肥満の人はそうでない人と比べ、睡眠時無呼吸症候群の発症リスクが3倍あるとも言われています。
【顎が小さい・狭い】
顎が小さい人は気道のスペースが狭くなりがちです。特に日本人は細身で顎が小さく、発症しやすい骨格の人が多いので、睡眠時無呼吸症候群の患者も他国よりも多いと言われています。
【鼻閉】
花粉症やアレルギーなどで鼻がつまっていると自然と口呼吸になり、いびきが起こりやすくなります。さらに、乾燥した空気で気道組織が傷つくと、無呼吸状態が生まれやすい状態になってしまいます。
【加齢】
加齢によって筋力が低下したり、ホルモンバランス(特に女性ホルモン)が崩れたりすることで、無呼吸が起こることもあります。女性の場合は更年期以降が多数。
【多量の飲酒】
お酒を飲みすぎることで筋肉の弛緩が進み、気道が狭くなります

◆睡眠時無呼吸症候群による合併症

放置しておくと体内の酸素不足を招き、循環器系や呼吸器系に大きな負担がかかり、生命にかかわるような合併症を引き起こすリスクもあります。主な合併症は以下の通りです。

高血圧/糖尿病/動脈硬化/脳卒中/心臓病/不整脈
メタボリックシンドローム//狭心症/心不全/心筋梗塞

◆治療方法

原因・症状により治療方法は異なりますが、大きく分けて3つあります。

〇CRAP療法
睡眠時に鼻マスクを装着し、マスクから空気を送り込み、気道を広げて呼吸を維持させる経鼻持続陽圧呼吸療法
〇スプリント療法
睡眠時に専用のマウスピースを装着し、顎・舌を前進させることで気道を確保する歯科装具治療
〇外科的手術
喉笛の周り、扁桃腺などを切除して気道を確保。あるいはアルゴン・レーザーを用いて鼻粘膜を処置する耳鼻科的対応

◆睡眠時無呼吸症候群の治療の流れ

①医療機関を受診・検査
検査設備のある医療機関をご紹介しますので、検査を受けて下さい。終夜睡眠ポリグラフ検査を受けて、睡眠中の呼吸状態、いびき呼吸・無呼吸の程度、血液中の酸素レベルの程度、眠りの質について評価をします。この検査により、睡眠時無呼吸症候群という病名が確定し、同時に重症度を把握することができます。
②睡眠時無呼吸症候群と診断
検査により睡眠時無呼吸症との診断がついた場合、主治医の診断により、上記3つの治療法の選択になります。
その中で比較的軽度の場合は歯科によるマウスピース治療の適応となります。
③医師からの治療依頼
④歯科医院を受診
医師の治療依頼(紹介状)と検査結果を持参してご来院下さい。症状などをお聞きした後に、治療についてご説明いたします。
⑤歯型の印象
⑥マウスピース装着
通院は通常2回で、完成します。

◆いびきや睡眠時無呼吸を軽減するスプリントとは

顎と舌を前進させるしくみのマウスピースを装着することで気道を確保し、いびきや無呼吸を軽減します。睡眠時無呼吸症候群で上記検査の結果スプリントが必要と診断されれば、保険適応となります。
丈夫なプラスチック加工なので、何年もご使用になれます。出張や旅行に携帯可能です。
但し、歯に装着しますので、残っている歯が少ない方(上下で10本未満)には使用できません。また、嘔吐反射の強い方、いつも鼻がつまっている方や神経質で寝つきの悪い方にも使用できません。

PAGE TOP