審美歯科-心身の若さを保つ

―「見た目も」「心身の内からも」美しくー

審美歯科には2つの側面があります。
口元を美しくすることで自信をもって前向きな生活を送れるようにサポートする美容的側面。
見た目だけではなく「心」「体」の内側から若さを引き出すアンチエイジングのメリットを提供できること。
「見た目も」「心身の内からも」美しく。
それが伊東歯科医院の目指している審美歯科治療です。

◆伊東歯科医院の審美歯科

●個性を大事にした審美治療
当院の審美歯科治療では、1つ1つの歯の色調や形態、歯茎までも含めた全体としての美的調和を大切にしています。患者様お一人おひとりに合った審美治療を行います。
●全身への影響も考慮した審美治療
お口の中の歯はバランスを保って機能しています。咬み合わせのバランスを崩してしまうと、お口全体や体の調子に影響を与えることもあります。当院では、審美歯科においても、咬み合わせを考慮して治療を提供しています。
●自然な美しさへのこだわり
審美治療では、色合い、透明感、歯ぐきとのバランスなど周囲の天然歯と変わらない美しい仕上がりを心がけています。

◆よりよく咬んで「心身の内から」美しく

正しい咬み合わせと歯の形態を与えることにより、「よりよく咬める」ようになります。
よりよく咬むことで、心もからだも元気に美しくなります。
伊東歯科医院では「よりよく咬める」ようになっていただく治療を大事にしています。

①からだも心も健康に
咬み合わせが脳の働きに大きな影響を及ぼしていることがわかっています。よりよく咬むことで脳内への血流が増加し、神経活動が活発になります。そして、脳の老化を防ぐと同時に、肩こりや腰痛などの全身の痛みや不調、うつなどの心の問題まで様々な不定愁訴をなくす効果があると言われています。

②認知症を予防
よりよく咬むことで脳への血流が増加し、脳が活性化することがわかっています。咬むことが認知症への予防にもつながります。

③唾液分泌を促進して若さを保つ
よりよく咬むことによって、唾液の分泌がよくなります。唾液には、消化を助け、口腔内を清潔にする働きがあります。また、唾液には皮膚や脳の老化を抑えて、若返りを促す働きがあることがわかってきています。

④小顔・ダイエット効果
よりよく咬むことで、顔の筋肉をたくさん使うことになり、口元が引き締まります。顔の筋肉が鍛えられるので、小顔効果が期待できます。また、食べ物をよく咬むことで、満腹中枢が刺激され、満腹感を得やすくなります。ダイエットにも効果的です。
⑤生活の質(QOL)の向上
咬み合わせが悪かったり、きちんと咬めていなかったりすると、食べることや話すことにストレスを感じてしまいます。よりよく咬むことによって、「美味しく食べる」「楽しく話す」ことが可能になり、生活の質(QOL)の向上につながります。

◆美しい口元で心も元気に

歯並びが悪いと、発音がしづらかったり、口を開けて笑うのもはばかってしまったりすることがあるようです。正しい発音やスムーズなコミュニケーションのためには、歯並びが重要です。きれいな歯並びは、コミュニケーションだけでなく、心の健康にも深く関わってきます。美しい口元は、自分への自信となり、人間関係にもプラスになります。

◆咀嚼で幸せホルモン分泌

咀嚼には「幸せホルモン」と呼ばれるセロトニンの分泌を促進させる効果があります。咀嚼を繰り返すリズムが、セロトニン神経を活性化させるそうです。脳内にセロトニンが増えると、緊張感がほぐれ、ストレスが緩和、解消されます。食事中は意識的によく咬んで食べたり、なるべく歯ごたえのある食材を選んで食べたりすることをお勧めします。

PAGE TOP