歯周病

◆歯周病とは


歯と歯ぐきの隙間「歯周ポケット」から侵入した細菌が、歯肉に炎症を引き起こしてしまう細菌感染症のことです。気づかないうちに進行して歯を支える骨を溶かし、最悪の場合には歯が抜け落ちてしまいます。

◆歯周病セルフチェック

下記の症状がある方は早めにご相談ください。

□ 歯ぐきから血が出る
□ 歯ぐきが腫れている
□ 歯がむずがゆい、痛い
□ 口臭がある
□ 歯が長く伸びてきた
□ 歯ぐきから膿がでる
□ 歯がグラグラする
□ 歯ぐきの色が気になる
□ 起床時に口の中がネバネバする

◆歯周病の原因

◎歯周病の直接的要因「歯垢」

歯周病の直接的な原因は、歯垢(プラーク)です。歯と歯ぐきの隙間の歯周ポケットに歯垢がたまると、歯垢中の細菌が出す毒素によって歯茎に炎症が起きています。

◎歯周病の間接的要因

・口腔内環境

歯石・歯列不正・歯ぎしり・咬み合わせ・口呼吸

・生活習慣

ストレス・運動不足・睡眠不足・喫煙・食習慣

◆歯周病の進行具合

歯周病が進行すると、歯と歯ぐきのすき間「歯周ポケット」が深くなります。また、歯ぐきやその周辺にさまざまな症状があらわれます。

歯肉炎

歯ぐきに炎症が起きて赤く腫れ、歯ブラシなどで出血しやすくなる。

軽度歯周炎

歯ぐきの炎症が進み、腫れた歯茎と歯の溝に深い歯周ポケットができる。

中度歯周炎

歯ぐきの炎症が拡大し、歯ぐきが下がる。膿が出たり口臭がしたりする。

重度歯周炎

歯槽骨が破壊され、歯がグラグラする。末期には歯が抜けてしまう。

◆治療内容について

◎ブラッシング指導

一人ひとりのお口の状態に適したサイズや形態の歯ブラシや歯間ブラシを選定したうえで、正しいブラッシング方法をアドバイスします。

◎スケーリング

ブラッシングだけでは取り除けない、歯に付着した歯石や歯垢を除去します。スケーラーという器具などを使用します。

◎ルートプレーニング(中度歯周炎)

歯周ポケット奥深くに入り込んだ歯石や歯垢を除去します。キュレットという器具などを使用します。

◎フラップ手術(中度・重度歯周炎)

歯ぐきを切開し、歯根表面に付着している歯石や歯垢、汚染された歯周組織を取り除きます。

◎再生治療 GTR法・エンドゲイン法(重度歯周炎)

溶けてしまった顎の骨や歯根膜などの組織を再生させる治療法の一種です。

◆位相差顕微鏡による細菌検査

位相差顕微鏡でお口の細菌をご覧頂くことができます。歯周病菌の状態・種類等を確認することで、適切な治療計画の立案に役立ちます。

下の画像は、歯周病の治療前と治療後の歯垢の中にいる細菌の数や活動性を、位相差顕微鏡で確認した際の画像です。しっかりと治療をすることで歯周病菌が激減し活動性が弱まっているのがわかります。

◆歯周病と全身疾患との関係

-歯周病が影響を及ぼすといわれる主な疾患-

  • 糖尿病
  • 心臓疾患
  • 誤嚥性肺炎
  • 早産・低体重児
  • 動脈硬化  など

◆メンテナンスについて

歯周病は、再発が多い病気と言われています。歯周治療が終了しても、きちんとした管理ができていなければ再発してしまいます。治療した後は、3~4ヶ月ごとの定期健診の受診をお勧めします。尾山台伊東歯科医院では、予防歯科に積極的に取り組んでいます。患者様のお口の状態や生活習慣に合わせたメンテナンスを行っていますので、安心してお任せください。

ご自宅でのケアについてもしっかりアドバイスしますので、何でもご相談ください。

予防歯科ページへ

PAGE TOP