スポーツマウスガード

スポーツマウスガードの使用は、競技中の口腔内の外傷を予防するとともに、身体のバランス、パフォーマンス、パワーなどに影響すると言われています。

◆マウスガードはカスタムメイド!!

マウスガードにはスポーツ用品店などで販売されている簡易型のものもあります。しかし、適合が悪かったり、正しい咬み合わせができずに顎関節を痛めたりするなど、かえって悪影響のでることがあります。マウスガードは自分のお口に合っていてこそ有効性が発揮されます。

歯科医院では各個人にあわせて精密に製作され、ピッタリとしていて噛み合わせも配慮しています。歯科医に相談して競技の種類、年齢やお口の状態に合わせて作製したものを装着しましょう。

◆伊東歯科医院製作のマウスガード効果

○外傷予防、運動能力の向上
○フィットが良く、違和感が少ないので、発音しやすく、息苦しくない。唾液を飲み込みやすい。
※市販品は簡単に安価で製作できますが、フィットが悪く、特に咬み合わせが合っていないと逆に危険が増します
○激しい衝撃にも脱離しない
○脳や頸椎へのダメージ軽減
○精神的安心感

 

◆マウスガード製作の流れ

 

1日目: 初診時に、競技種目により、デザイン・色・厚み・名前・ロゴ等ご相談のうえ決定。

歯型と噛み合わせをとります。

中4日(制作期間はご相談下さい。)
2日目: マウスガードを安全にかつパフォーマンスを最大限に発揮してもらうための、使用方法・保存方法・注意事項の説明。
調整後、装着。
※通常2回目で完成します。

※価 格 (税別)


マウスガード 8,000円

ロゴ・名前入れ +500円

◆スポーツマウスガードとスポーツパフォーマンス

正しいマウスガードの使用は身体のバランスの安定・筋力向上、体幹の安定につながり、運動能力を十分に発揮できるようになります。他にも、精神的安心感、咬みしめることで集中力・瞬発力がアップします。
また、コンタクトスポーツ(激しい接触を伴うスポーツ)では、顎や顔面領域のケガの発生率が高くなっています。マウスガードの装着が義務付けや推奨がされており、マウスガードを装着することで、歯や顎への外傷や脳震盪などの発生を抑制することができます。

マウスガードの所有者43名の装着時と未装着時での外傷経験[複数回答]

出典:財団法人 8020推進財団


出典:財団法人 8020推進財団


出典:スポーツ安全協会

◆各種競技におけるマウスガード装着義務(2017.4現在)

着用義務
一部着用義務
アメリカンフットボール

ボクシング

キックボクシング

総合格闘技

ラクロス

ラグビー(13~19歳)

アイスホッケー(U-20)

空手(一部団体、試合による)

※詳細は各競技団体にお問い合わせください。

◆マウスガードのチェック

多くのスポーツ選手は、パワーを発揮するために歯を食いしばります。マウスガード装着時の食いしばりはマウスガードをすり減らしてしまいます。
種目や個人のかみ癖などにもよりますが、1年に1回は再調整・再製作が必要です。
定期的に歯科医のチェックを受けましょう。

PAGE TOP