日本大学歯学部
摂食機能療法学講座、
植田耕一郎教授の
「認知症に対する歯科診療と、摂食機能の支援について」
の講演を聴いてきました。

認知症患者に対する接し方、特に認知症患者が考えていることなど、
普段あまり考えないようなことを、細かくご指導頂きました。

訪問歯科診療を、10年も行っていると、
認知症の患者さんには、どうしても接する機会が多くなります、
普段は、家族の方とお話をして、
あまり積極的な診療を行ってこなかったことが、恥ずかしく思えてきました。
認知症の患者さんも、それぞれの行動にも理由があることを理解すると、
必然的に行える治療の幅も、広がってくると思いました。

itou2013092411 itou2013092412jpg

保存