仕上げ磨きはいつまで?

もうすぐ入園・入学の時期ですね。一人でできることも多くなり、小学生になったタイミングで仕上げ磨きはもうおしまい!そういうご家庭が多いのではないでしょうか。

けれど、歯みがきは、低学年まではママやパパが手伝ってあげるのが理想的です。このころまでは、一人で磨けているようで実際は磨けていないことが多いです。歯磨きの途中で他のことに興味がいってしまったり、手先がうまく使えなかったりして汚れがキチンとおちていないのです。

また、乳歯と永久歯が混合して生えているので、歯並びがデコボコしていて磨き残しが出てしまいます。特に、上の前歯や奥歯の溝など磨きにくいところを中心にしっかりと仕上げ磨きをしてあげることが大切です。

子どもが大きくなるにつれて、仕上げ磨きを嫌がったり恥ずかしがったりするようになるかもしれません。毎食後にしてあげるのがベストですが、難しい場合は無理強いすることはありません。夕食後や就寝前にチェックしてあげるといいでしょう。

無理強いすると、子供が歯磨き嫌いになったり、歯医者嫌いになったりしてしまう可能性があります。可愛いキャラクター付きの歯ブラシを使ったり、大人の方が歯磨きは楽しい・スッキリして気持ちいいという様子を見せたりしてみて下さい。そうすると、子供も自らすすんで歯磨きをする習慣が身に付くことが多いようです。自分できちんと磨けるようになるまで個人差があります。お子様の成長にあわせて対応してあげてください。

伊東歯科医院では、年齢・個別のお口の中の状況に合わせた予防法や正しい歯磨きの仕方などもお教えしています。むし歯や歯並び、お子様のお口のことでお悩みのことは何でもお気軽にご相談ください。

関連記事

PAGE TOP