妊婦 歯磨き

妊娠中はむし歯になりやすい?

妊娠中のため赤ちゃんへの影響が心配で、歯の治療をあきらめている方はいらっしゃいませんか。最近の研究では、妊婦さんが歯周病にかかると、早産・流産・低体重児出産のリスクが高まるとわかっています。妊娠中は口内環境が悪化し、お口や歯のトラブルが起こりやすくなります。生まれてくるお子さまのためにも早めにケアをしましょう。受診の際には、忘れずに妊娠中であることをお伝え下さい。

なぜ、妊娠中は口内トラブルが起こりやすいのでしょうか。それは、以下のようないくつかの原因が考えられます。

①ホルモンバランスの変化:唾液の分泌量が減少
②つわりの影響:歯磨きがおろそかになり、汚れが残る
③免疫力の低下:口の中の細菌が増加

では、妊娠中はいつ歯医者さんに行けばいいのだろうかと悩みますよね。
お腹が大きくなると、あおむけになるのがつらくなりますので、なるべく早めに行くのがおすすめです。

妊娠中 歯磨き

口内環境を改善することで、妊娠中や産後の期間を不安なく過ごすことができます。自覚症状がない方も、歯科検診を受けておくのが安心です。ただ、妊娠初期は、つわりがひどくてお口を触られるのもイヤだという方もいらっしゃいますので、ご自分の体調に合わせてご無理のないよう受診してくださいね。自治体によっては、妊婦健診とセットで歯科検診の検診代助成が受けられる地域もあります。

実は、生まれたばかりの赤ちゃんにはむし歯菌はありません。おうちの方の口の中からうつってしまうんです。大人が口移し食べさせたり、食器などを共有したりすることでむし菌が感染してしまうんです。
生まれてくる赤ちゃんのためにも、ママだけでなく家族も歯の治療をしておくといいですね。

関連記事

PAGE TOP