むし歯菌は感染する?!

突然ですが、むし歯は遺伝すると思いますか?

むし歯は、ミュータンス菌などと呼ばれる細菌類の感染により発症しますので、遺伝するものではありません。けれど、歯の健康に対する親の意識は子供の歯の健康に影響を与えてしまいます。例えば、親がむし歯になりやすい生活をしていれば、子供もむし歯になりやすい口内環境になってしまいます。ですので、むし歯菌自体は遺伝しないけれど、むし歯になりやすい歯の質は遺伝してしまうと言えるでしょう。

むし歯の原因であるむし菌(ミュータンス菌)は、生まれたばかりの赤ちゃんの口の中にはいません。では、どのようにして赤ちゃんの口内にむし歯菌は入り込むのでしょうか。一番の原因は、周りの大人の唾液に含まれている菌です。例えば、口をつけた箸やスプーンで食べ物をあげたり、かみ砕いた食べ物を与えたりすることで、大人が持っている細菌を赤ちゃんに移してしまうことになります。

特に、ちょうど奥歯が生え始めた1才半頃から2歳7か月は、むし歯菌にもっとも感染しやすく「感染の窓」と呼ばれ、注意が必要とされています。この時期に感染した菌が、その子の菌の質を決めることになります。つまり、この時期にむし歯菌の感染をできるだけ少なくし、むし歯菌を増やさないようにすることができれば、他の善玉の常在菌がお口の中に住みついて、その後もずっと虫歯になりにくいお口になるのです。逆に言うと、この時期に感染するとむし歯菌が優勢になり、生涯むし歯菌とおつきあいすることになります。

ですので、この時期にご家庭や歯科医院でしっかり感染予防ができれば、その後は虫歯になりにくくなるのです。

お母さんの口の中を定期的にクリーニングしているとお子さんのむし歯が少ないというデータもあります。もちろん、お母さんだけでなく、同居する家族の方全員が、歯科医院でしっかりとクリーニングや歯科治療を受けてお口の中の細菌を減らし、家族みんなで協力してむし歯予防ができるといいですね。

―気をつけたいこと―

〇周りの大人がむし歯菌のリスクを把握し、むし歯治療や歯周病治療をしっかりとして、口腔衛生を心がけよう

〇大人と同じ食器や箸・スプーンなどで食べ物を与えないようにしよう

1歳半で歯医者は早いかな?と思うかもしれませんが、そんなことはありません。ぜひご家族で「伊東歯科医院」へいらして下さい。当院へ親子3世代・4世代で通って下さる患者様も多くいらっしゃいます。

お待ちしております☆

関連記事

PAGE TOP