取り入れてみませんか?液体タイプのオーラルケア商品

最近、CMやドラッグストアでよく見かけるようになった液体タイプのオーラルケア商品。

でも、歯磨きの前に使うのか、後に使うのか、歯磨きの代わりになるのか…など、いざ使うとなると分からないことが多いようです。患者さんの中にもお口のエチケットのために取り入れている方が増えてきており、よく質問されるようになりました。お口の健康への意識が高まっているようで、嬉しいです。

実はまぎらわしいのですが、液体タイプのオーラルケア商品には「洗口液」と「液体歯磨き」の2種類があり、使い方がそれぞれ異なります。

裏面など成分表示の近くにきちんと記載がありますので、そこで見分けられます。同じブランドから洗口液、液体歯磨きの両方が出ていることもありますので、ラベルの確認はしっかりして下さいね。

歯磨き女性

液体歯磨きは、その名のとおり、液体の歯磨き剤です。お口に含んですすいだ後にブラッシングするものと、歯磨き中、口に含んだまま使うものがあります。いずれにしても、ブラッシングと併せて使うことを前提に作られています。練り歯磨きのような泡立ちが無く、口のすみずみまで成分が行き届きます。

洗口液は、主に殺菌や口臭予防を目的としており、基本的には歯磨きをした後に使います。日頃のブラッシングに+αとして使うイメージです。外出先で歯磨きができない時、お口の中のネバつきや不快感が気になった時に、口に含んですすぐだけで手軽にお口をスッキリできます。また、口臭予防としても優秀です。

使い方は簡単。適量をお口に含んで20〜30秒間すすぐだけです。その後は水ですすぐ必要はありません。刺激が強いと感じる場合は軽くすすいでも大丈夫ですが、すすがない方が薬用成分の効果が続きやすくなりますよ。

正しく使えば、虫歯や歯周病予防に効果的です。ただし、どちらも歯磨きの代わりにはならないのでご注意ください。商品によっては使い方が違う可能性もありますので、使用方法や注意書き等をよく読んでしっかり理解し、効果的に利用して下さいね。

みなさんも、お口の健康のために取り入れてみてはいかがでしょうか。

関連記事

PAGE TOP