金属アレルギー

◆歯科金属アレルギーについて

金属のネックレスや指輪などで金属アレルギーを引き起こすことはよく知られていますが、歯科治療で使用する金属の被せ物や詰め物でもアレルギーが引き起こされることはご存知ですか。

保険診療の際に使用される金属の詰め物・被せ物・入れ歯には、アレルゲンとなりうる金属が使用されています。それらは、長期間使用すると唾液によって金属イオンが溶け出し、免疫機能が過剰に働くことで「金属アレルギー」が起こると言われています。

◆歯科金属アレルギーの主な症状

歯科治療による金属アレルギーは、口の中だけではなく、顔や身体など直接金属が触れていない部位にも症状が出る場合もあります。また、症状がすぐに出る場合もあれば時間がたってから出る場合もあります。

①粘膜の炎症・ただれ

②味覚症状

③掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)

④アトピー性皮膚炎・湿疹など

逆に原因不明の上記の症状がある場合、金属アレルギーを疑ってみてください。

◆歯科金属アレルギーの発症を防ぐ

当院では、金属を用いない「メタルフリー治療」をご提供しています。歯科治療に金属を用いないことで、金属アレルギーの発症を防ぐことができます。ただし、原因となる金属をすべて取り除いても、症状が治まるまでの期間には個人差がありますので、焦らず治療に取り組んでいく必要があります。

―詰め物・被せ物の治療―

詰め物や被せ物の治療を行う際に、歯科治療に金属を用いないことで金属アレルギーの発症を防ぐことができます。金属アレルギーが起きず、かつ見映えも良くて機能も高いセラミックを当院ではお勧めしています。セラミックにも複数の種類があり、それぞれに特徴が異なります。どの素材が最適かは患者さんの歯の状態や噛み合わせ、ご希望などによって変わります。くわしくはこちらをご覧ください。

「詰め物・被せ物」ページへ

―入れ歯の治療―

部分入れ歯の治療では、隣の歯に引っ掛けるために金属のバネがついているものがありますが、当院では金属を使っていない入れ歯もご用意しています。詳しくはこちらをご覧ください。

「入れ歯」ページへ

◆金属アレルギーかな?とご心配な方へ

ご自分が金属アレルギーかどうかご心配な方は、医療機関で「パッチテスト」や血液検査を受けてみましょう。当院でも専門的な医療機関をご紹介していますので、お気軽にご相談ください。

現在既にお口の中に銀歯が入っていて、金属アレルギーの症状が出ている方、またはこれからが心配だという方も、ぜひ伊東歯科医院までお気軽にご相談ください。

PAGE TOP