よくある質問

審美治療について

審美歯科の治療は痛くないですか。▼

基本的には痛くありません。
歯を削ったりするなど痛む処置に関しては表面麻酔を行っています。表面麻酔を行う際、歯科・医科で使用されている中で一番細い針を使い、麻酔薬を体温程度に温めて使用していますので、痛むことはありません。

ホワイトニングでは、歯の質、その方にもよりますが、歯に細かくひびが入っている人や歯ぎしりがあって知覚過敏が強い人などはしみる場合もあります。その場合は、知覚過敏を治療してから始めるか、しみが強すぎる場合は行えない場合もあります。

審美歯科に保険は適用されますか。▼

基本的には自費ですが、保険適用になる場合もあります。
例えば、前歯の歯と歯の間に小さい虫歯ができているところに白いプラスチックを詰める、クリーニング、表面を綺麗に磨くということに関しては、保険適用です。各医院によっても違いますので、詳細はご確認下さい。

審美歯科といってもどのような種類がありますか。伊東歯科医院での考え方をお教えください。 ▼

伊東歯科医院の審美歯科に対するコンセプトは「お口を健康にして、心も体も美しく元気で長生きしましょう」というものです。詰めたり、被せたり、貼り付けたりといった見た目を改善する治療だけではなく、「医院で行う全ての治療が審美歯科である」と考えて、患者様の歯の美しさと健康を守るために治療にあたっています。どの治療が保険適用になるかどうか、患者様には分かりにくいケースも多いと思います。各医院によっても判断が分かれるようなケースもあります。当院では、保険適用・非適用の利点・欠点を全て患者様にお伝えし、目的や予算に応じて納得の上、選択して頂いております。

審美歯科の治療を行うとどんないいことがありますか。▼

見た目を良くするという観点だけで見ても、歯並びや歯の色をきれいにした場合、女性は精神的にも随分変わります。よく笑い、よく話し、積極的になります。髪型、服装、お化粧まで変わり、明るくより魅力的になります。もちろん、矯正などで歯並びもよくなって歯磨きもしやすくなり、口臭予防や歯周病予防・虫歯予防にもなります。また話しやすくなったということも良く言われます。

例えば、前歯一本変えるだけでも、だいぶイメージが変わります。一般の人から見ると、大がかりで大変なことだと思うかもしれませんが、神経のある歯で小さい虫歯や黒ずみは、実際の処置は1回で終わることもあります。どういう治療をするのか、自分の場合最適な方法はどれかなどを詳しく知りたい場合は、お尋ねください。

基本的にどの歯医者さんでも審美歯科治療はできますか。▼

どこでもできます。但し、レベルは医院によって大きく違います。お一人お一人の顔に合わせたり、表情に合わせたりするのが難しいです。腕の良い先生たちは、研修会や勉強会、スタディグループに参加し、日夜レベルを上げる努力をしています。

昔と比べて審美歯科という看板もよく見かけるようになりましたが、ニーズが高まっているのですか▼

昔は、痛みがなくなればいいという考え方でした。しかし今は、少しでも良い見た目、少しでも良い状況にしたい、生活の質(QOL)を上げたいという方々が増えてきています。その中の一つに審美歯科があると考えています。

審美歯科では、よくトラブルも聞きますが、どのようなトラブルが多いのですか。▼

高いお金をかけたものが、欠けたり割れたりするトラブルはあるかもしれません。当院では、自費で作ったものに関しては、原則5年保証しています。例えば、歯ブラシの仕方が悪くて歯周病でぐらついた場合はダメですが、実際入れたものに対して問題が起きた場合は、5年以内なら無料でやり替えることができます。また、被せたり詰めたりしたものが割れたりする原因の多くは咬み合わせによるものです。
当院では、咬み合わせ専門医が治療を行っておりますので、ご安心下さい。

PAGE TOP