よくある質問

矯正歯科について

何歳まで受けられますか?▼

特に年齢制限はありません。最近では大人になってから歯列矯正をする人が増えています。歯並びを整えることは、見た目だけでなく、歯ブラシが行き届きやすくなり虫歯や歯周病を防ぎやすくなるというメリットもあります。

矯正歯科治療中の痛みはどれくらいですか。痛みはどのくらいの期間続きますか?▼

矯正装置を付けて歯に力をかけますので、1日~3日ほど痛みます。その後痛みは和らぎますが、約1か月ごとの通院で矯正装置を調整し直しますので、その際痛みがあることもあります。段々回数を重ねるごとに痛みも少なくなってきます。

食べ物の制限はありますか?▼

基本的に食べてはいけないものはありません。但し、硬い食べ物やくっつきやすい食べ物は、装置が外れたり破損したりする可能性がありますので、十分注意が必要です。

つけたまま、スポーツや楽器の演奏はできますか?▼

基本的には可能です。但し、激しいスポーツや唇にマウスピースを押し付けるタイプの楽器の場合は、痛みを伴ったり口の中を切ったりしますので、注意が必要です。装置をガードする歯科用マウスピースや裏側からの装置により対応することができますので、治療前にご相談下さい。

治療後終了後、元に戻ることはありませんか?▼

絶対に後戻りしないということはありません。治療後、歯が安定するまで矯正歯科医から指示された期間「リテーナー」という装置をつけて頂く必要があります。治療後も歯科医で定期的なチェックを受けることが大切です。

ブリッジや差し歯があります。矯正歯科治療はできますか?▼

通常問題なく矯正治療を行うことができます。但し、銀歯や差し歯の状態・素材によっては矯正装置が外れやすい場合もあります。また、治療内容によっては一時的に外したり仮歯になったりすることもあります。最終的にはきちんとした形に戻しますのでご心配はいりません。ケースも様々ですので、まずはご相談ください。

目立たない方法で矯正したいのですが、どんな方法がありますか?▼

裏側矯正やマウスピース矯正、義歯、入れ歯系などもあります。

治療期間はどのくらいですか?▼

虫歯の治療と違って長い期間を要します。個人差がありますが、大体1~3年程度です。

通院間隔はどのくらいですか?▼

治療方法によっても異なりますが、3~4週間ごとの通院となります。これは一度の矯正装置の調整力に対して歯の動くサイクルが3~4週間になるためです。保定の時期に入れば2~3か月ごとの通院になる場合もあります。

矯正治療中に虫歯が見つかったらどうすればいいですか?▼

施小さな虫歯の場合は矯正装置を外す必要のないことが多いです。装置を外す必要がある場合には、一時的に矯正装置を外して虫歯の治療を行います。様々な分野の専門歯科医が在籍していますので、虫歯治療も装置の取り外しも当院にて全て行うことができます。きちんと連携ができていますので、ご安心下さい。

自分では矯正するほど歯並びが悪いとは思わないのですが、矯正した方がいい判断ポイントはありますか。▼

判断ポイントは、ご本人が見た目及び、歯磨きがしづらいと感じるかどうかです。矯正は、見た目だけの問題ではありません。自分の歯を一生大切に使うために、歯を綺麗に磨ける環境作りも大切です。歯並びが悪く磨きづらいと感じた時点で、矯正はした方がいいと思います。

歯並びが以前から気になっていますが、時間がかかるのと矯正しているのがわかるのが嫌で治療しないできました。やはりどこかで矯正した方がいいのでしょうか。▼

ご本人が、歯並びが気になっていてきれいになりたいと思っているのであれば、時間がかからない方法や矯正ではないやり方など色々ご提案できます。要は、ご本人がどこまできれいにしたいかです。目立たない方法には、ワイヤーをかけないマウスピースや裏側でやる矯正もあります。時間をかけない方法としては、抜いて被せるという方法があります。

例えば、2本だけしか気にならない人は、2本を少し動かすだけで十分綺麗になりますし、すきっ歯の人は、プラスチックを詰めて簡単に終わる場合もあります。プチ矯正のような感覚です。

ご本人がどれくらい気になっていて、どこにニーズを感じているか話し合ったうえで、色々なやり方を提案し、決めていきます。

50代ですが、今からでも歯並びを直した方がいいのでしょうか。▼

50代でも、歯並びを直した方がいいです。歯が黒っぽいと口元が老けて見えますし、歯並びが悪いのは、やはり良くないです。

大学生でもうすぐ就活が始まります。目立たないように矯正することはできますか。▼

直ります。できます。裏側の矯正やインビザラインのようなマウスピースでの矯正もあります。但し、状況によっては限界もあります。

PAGE TOP