よくある質問

ホワイトニングについて

ホワイトニングは妊娠中や授乳中もできますか?▼

当院では妊娠中・授乳中のホワイトニングは行っておりません。母体や胎児への影響がまだよく分かっていないため、妊娠中・授乳中のホワイトニングは行わないのが無難だと思われます。

年齢制限はありますか?▼

基本的に年齢制限はありません。加齢と共に歯の色が濃くなってきますので、お年を召された方にお勧めです。

詰め物や被せ物も白くなりますか? ▼

白くなりません。詰め物や被せ物は天然の歯を白くしてから作り直すのが一般的です。

ホワイトニングで歯へのダメージはありますか?▼

歯へのダメージは心配ありません。若干、しみが出る場合はあります。

ホワイトニングの効果はどれくらい維持できますか?▼

非常に個人差があります。歯の質や嗜好品、喫煙なども関係してきます。例えば、元々10の色を2まで白くした場合に、数年で5か6まで戻ります。アフターケアとして月に1回ホームホワイトニングをして頂けますとホワイトニングの効果が長持ちします。

身体に害はありませんか?▼

当院では全て厚生労働省認可の薬剤のみ使用していますので、安全性に問題はありません。

神経がない歯も白くなりますか?▼

神経がない歯は徐々にくすんでグレーっぽくなってきます。このような歯は、多少白くなりますが、通常のホワイトニングの効果は見込めません。基本的には、神経のない歯には被せるという形が主流です。

どのくらい時間がかかりますか?▼

オフィスホワイトニングの一回の施術時間は約1時間です。クリーニングをしてから、専用レーザーを3回ほど照射します。個人差がありますが、大体2回ほどの通院で綺麗になります。

ホームホワイトニングの場合は、ご自身でキットを使用して自宅で行って頂きます。使用回数は、2時間の施術を5~15回です。但し、1日に2回は行えません。間隔は個人にお任せしますが、毎日行うと1週間か10日ほどで白く綺麗な歯になります。

ホワイトニングをしても白くならないことはありますか?▼

元々歯自体が黒ずんでいる人、茶色っぽい人、横に縞模様が入っている人などは、天然の歯のように効果が出にくい場合もありますが、現状よりは白くなります。

ホワイトニング施術後に気を付けることはありますか?▼

施術後約2時間は水以外の飲食を控えて下さい。特に、色素の強いカレーやワインなどを飲食してしまいますと、色が付着してしまいますのでご注意下さい。

ホワイトニングをする場合、予想より白くなりすぎないか不安があるのですが、事前にシミュレーション画像などで確認できますか。▼

形のシミュレーションはある程度できますが、色のシミュレーションは難しいです。実際にホワイトニングをしながら確認することになります。また、別の人の写真を見てもらい、色味を確認することならできます。

例えば、洋服と同じで歯は白くすると大きく見えますので、大きい歯は暗めに抑え、小さい歯は少し白く作るなどします。また、出ている歯は色を抑えることによって奥に入ったように見せます。そうして、個々の歯ごとに対応していきます。

当院では、その方に合ったきめ細やかなホワイトニングを提供しています。

ホワイトニングした場合、メンテナンスのためにどのくらいの頻度で来院すればいいですか。▼

自分の好みの色味にした後、月に一度だけご自分でしてもらえればその色が維持できますので、基本的に来院の必要はありません。ホワイトニングのための定期来院は不要ですが、クリーニングや虫歯、歯周病予防のための定期検診が必要となります。

ホワイトニングで歯を痛めることはありませんか。▼

ほとんどありません。しみる方はいらっしゃいます。

歯によって色がまちまちで気になっています。ホワイトニングで直りますか。▼

直ります。複数回に分けてホワイトニングし、それぞれの歯の特質をみて、歯ごとにホワイトニングの回数を指示します。但し、ホワイトニングができるのは、神経のある歯だけです。

その方のお顔にあった、自然なホワイトニングをご提案できます。

PAGE TOP