国立病院機構東京医療センター歯科口腔外科の大鶴洋先生の、口腔領域における擦過細胞診についての講演を聞いてまいりました。

最近、特に増加傾向にある、口腔がんにおける細胞診の勉強会でした。
副題にもあるように、検査精度の向上のための細かなテクニックについて、色々な場面での細かなアドバイスがありました。

世田谷区では、全国に先駆けて口腔がん検診を実施いております。
同じ場所に、本来と違う色・形(詳しくは、口腔がんの項を参考にしてください)のものが、2週間以上続いたら要注意です。 決して様子を見るなどということで、放置することのないようにしてください。

ito201305-3 ito201305-4

保存

保存